プロフィール

fumi

  • Author:fumi
  • 最近の悩み: 昔のHPのパスワードを忘れて閉鎖できない。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の読書

誰かが言ってたけど、他人に紹介された本に外れはない、ってのは当たってる。
この間、適当に選んだ本が外れだったので、今回はよく読むブログのお勧め本を買ってみた。

「青年社長(上)/(下)」
和民を経営するワタミ(株)の創業社長、渡邉美樹氏のサクセスストーリーを「金融腐蝕列島」で有名な高杉 良氏が書いた良書。

主人公の渡邉氏は幼い頃に母親の病死と、父親の事業の失敗を体験し、そこから社長になると決意する。そしてワタミを起業し、東証一部上場、売上高650億円(2005年3月期)の企業として育てあげる。
そんな渡邉氏の軌跡が人間味あふれる視点で描かれています。和民に行きたくなりますよw

創業社長の半生記みたいなのは他にもいくつか読んだ事がありますが、親も商売人だったってのが多い。
確か、「一冊の手帳で夢は必ずかなう」を著した熊谷正寿氏もそうだった。
…でもあの人は違いましたね。堀江氏。

親から教わる事も商売人の家とサラリーマン家庭では色々違うんだろうから当然という気もしますが。
商売人の家に生まれた方が色々商売の基礎は叩きこまれそうだし、最近成功して来た企業の経営者に聞いても親が商売してましたって人の方が多そう。
よく考えたら当たり前なんだけど、何が言いたいかって言うと最近企業がブームだからサラリーマン家庭な人が一旗上げまくってるのかなと思ってました。
要は自分の家がサラリーマン家庭なもんだからその範疇で物事を考えてましたよ、反省。

ふと思いましたが、江戸時代で例えれば今のサラリーマンは当時の農民みたいなもんでしょうか。
もっとも農民は家で親から仕事を教わってましたが、サラリーマン家庭では親がどんな仕事をしてるかなんて全く知らない事の方が多い。
私も親の仕事はよく知りません。聞かれると正直困ります。
そういう意味ではIBMのやってたオープンオフィスだったか親の仕事場を家族に見せるってのは素敵だと思う。

話が逸れましたね…
江戸時代の、商人と農民みたいな違いは今もあるんだなーって話でした。ただ昔と違うのは、江戸時代は名目上農民の方が商人より上だったけども資本主義社会の中では商人、つまり経営者が常に上って事と、いつでも職能チェンジできるぜって事かな。

所でそうなると昔の武士は今の権力機関全般で、残った士農工商の工は各界で活躍してるプロフェッショナルって呼ばれてる人達とか、芸術家とかになるのかな。
あーなんだ、士農工商ってそもそも身分制度じゃなくて単に社会構造を上手く言い当ててるだけなのかもしれないって、妙に納得した一日でした。
スポンサーサイト

携帯の事

毎日地下鉄で通勤してます。
最近、目に付くのはリスの広告。緑に白のやつです。
そこで、携帯のキャリアを変えようかなとか思ってます。
今までは家族のしがらみ(全員ドコモ)でドコモだったんですが
auのMY割りとかなら良いかなと。

で、最近もうひとつ気になるのがあります。
JRの改札通る時のモバイルSuicaの広告。
せっかく携帯変えるんだったら、モバイルSuica使えるのがいいなー、
財布持たずに会社行けるじゃん。
…さすがにそれは無理か。
とか思って調べてみたのはJR東日本のサイト
モバイルSuicaご利用にあたって

そして明かされる驚愕の事実

(JR)モバイルSuicaの支払いはクレジットカードのみです。
(F)ふむふむ。

(JR)使えるカードはViewカード(JRが発行してるクレジットカード)のみです。
(F)ありえない…

そうですが、そうきますか。
たしかみどりの窓口でのクレジットカードの扱い始めた時もViewカードのみに限定してたJR。
これも自社のクレジットカードの会員増やす為でしたか。
可哀想なのはその為に開発頑張った、端末メーカーとかキャリアのシステム構築してる人たち。
私なら怒りますがね。

ついでに気になったのは次の一文。
(JR)※「モバイルSuica」サービスの提供にあたっては、年会費をいただく予定です。
ただし、当面の間年会費は無料です。

いきなり課金されるかも知れないって事ですよ、みなさん。
それはそれとして、乗り換えは本気で考え中です。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。