プロフィール

fumi

  • Author:fumi
  • 最近の悩み: 昔のHPのパスワードを忘れて閉鎖できない。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間はなぜ戦争をやめられないのか」日下公人

することないので本を読んでます。
ちょっと書評でも書いてみようかと思って書いてみました。

「人間はなぜ戦争をやめられないのか」日下公人

この本は多少右寄りだったり裏話のような話もあるが、本質は戦争とは何かを国家戦略と言う立場から書いた良書であると思う。

近代の戦争は国家が起こすものであり、そこにはそもそも戦争の目的、政略があるべきものである。日下の主張によれば戦争とは外交の一手段であり、また個人及び国家の思惑が作用したものであり、歴史の必然などではない。

大東亜戦争において日本が犯した過ちを国家戦略のなさであると述べたり、国家と君主、国民、軍隊はそれぞれ別として考えなければならないなど非常に興味深い主張が多い。また歴史を考察するにあたって事実を教えるだけでなく、当時の実情、道徳と照らし合わせて考えるべきというのは現代教育にかけている事かとも思う。

この本は現代憲法の下に生まれ、戦争は絶対悪であると教えられてきた現代人に対して、過去の戦争はなんだったのか、今起こっている戦争はという問いを考察する上でヒントになる本だと思う。多少過激な表現もあるが、それは過去の戦争をただ謝る事だけを習慣づけられてしまった日本人に対するアンチテーゼではないだろうか。


こういった本は性質上一つの立場からしか書けないので、これをもって全てとすれば大きな誤解を持つ事になると思うがそれを差し引いても、随所に散りばめられた指摘はするどいモノがある。読み終わって思った事は日本は周辺諸国への損害以外にも第二次世界大戦から反省すべき重要な点がもう一つあるという事だ。それは国家公務員の省益、軍益などを優先し国益、公益を無視した結果として起こる損害だ。日下の主張に沿えば対米開戦の主要な理由は陸・海軍の勝手な行動にある。少し前の薬害エイズなどで問題となった官庁の体質問題などはすでにこの時から存在していたという事だ。

最後に少し引用をして終わりにしよう。

>だが、戦後に残る歴史は勝者の都合によって書き換えられ、敗者の考えも少しずつそれに迎合し、やがては無関心がそれに取ってかわる。それも悪いことではないが、しかし、再び戦争の危機が迫った時、政治家も国民も前の戦争の経験に学ぶというよりは、前の戦争を素材にしてつくられた伝説に学ぶというのでは、不幸が繰り返される心配がある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。